ハイローオーストラリアの安全性を問う!!!

ハイローオーストラリアの危険性検証①

ハイローオーストラリアの投資家達から預かっている資金の保証はどうか

まず、99%可能性は低いと推測されるが、ハイローオーストラリアが破綻したと仮定したら、口座のお金の保証はあるのかどうかを説明します。2019年6月に 日本において、ハイローオーストラリアは、「 Markets Pty Ltd」から「HLMI Ltd」に運営会社が移行されています。下記が比較表ですが、いづれにしましても、ロイズ保険組合には、継続して加入しています。

ロイズ保険組合とは、イギリス議会制定法によって法人化された団体で、300年以上続くイギリスの最大級の保険組合です。保険会社や何兆もの資産を預かる企業が参加している世界最大の再保険引き受け組織です。その信頼性抜群の組織に、加入締結済みだということですので、まず安心だと言えます。

所在地は、 オーストラリアからマーシャル諸島になり、まだ、金融ライセンスは、取得がありませんが、いままでのハイローオーストラリアの運営を検証する限り、金融ライセンスもちゃんと取得中だと推測されます。

ハイローオーストラリアで出金拒否が発生したことが、本当にあるのか

出金拒否され、口座のお金が無駄になってしまうことが本当にあるのかどうか、NET上の様々な声を拾い、調べてみました。実際にハイローオーストラリアで大金を稼ぎ、出金した証拠写真や、内容は、とてもうそだとは思えないものばかりでしたし、私自身、まだ出金拒否の経験はありません。稼ぎすぎて口座が凍結されたとしても、出金は可能らしいです。すいませんが、この辺りは大金の出金経験は、私はまだありませんので、確かなことは経験しておりませんので言えませんガ・・・

ただ、これだけ多くの投資家の成功者から攻略商材やインジケーターが販売され、売れ続けているわけですし、その成功者達は、それで生活できているわけですから・・・裏付けや信ぴょう性はあります。

多くの負け組のいちゃもんまがいの記事の可能性が高いと、私は感じました。

負ける人がほとんどでも、本当に勝ってる人の話からだと、ハイローオーストラリアは、出金の速さからも、最良業者ナンバー1に位置しています。

ハイローオーストラリアの危険性検証②

ハイローオーストラリアは裏で チャート上の値動きの操作をしているのではないか

実は、ハイローオーストラリアのレート更新は、4秒に一度しか行われていず、その4秒間の中の一番不利なレートで約定されるという説明の動画をYouTubeで発見し見たときは、えっひどくないって正直、感じましたし、これって事実だなぁっと思います。実際のエントリー時に正に感じていたことでした。やっぱそうか~、妙に腑に落ちた事実。

ただ、この事実に対する解決策はいくらでもあるっちゃ、あるんですね。はい。単純にそれでも勝ちゃいいわけなんですよ。逆に戦う気、負けん気に火がつきませんか。

やったりましょう。逆ツクトか・・・・最終結論、操作(そんな高度なことではなく)しているのではなく、おっせーんだぜってことでした。

た ハイローオーストラリアは裏で 約定拒否を意図的に実行しているのではないか

これは、取引していて感じるのですが、急な値動きの時に、よく起こります。多くの人が目指すポイントがだぶるのは当然ですから、回線が集中すれば、サーバーが耐え切れず、ちゃんとコンピューターシステムが作動しないのでないかと推測されます。

この辺りは世界中の人が参加して、クリックしてきますから、当然なような気もします。要はコンピューターシステムは、現在でも 日々いろいろな場面で感じることが多いですが、まだまだ、 集中には弱いと思います。

検証結果は、以上になります。おつかれさまでした。